住宅ローンの借り換え@あなたは得する借り換えor損する借り換えのどっち?

住宅ローンの借り換えは誰でもお得になる訳ではありません。残債や残り返済期間・金利差によって得する借り換えか損する借り換えかが違ってきます。

住宅ローンの借り換え@あなたは得する借り換えor損する借り換えのどっち?

住宅ローンの借り換えで金利差1%未満だと損をするのか

住宅購入を相談する夫婦

ローンを利用するときには、年利と支払いの期間を重要視する必要があります。

完済までにかかる期間が長いほど、年利に応じた利息の負担額が大きく増えるからです。

この利息の負担が膨らみやすいのが、住宅ローンです。

数千万円もの借金をして、何十年もかけて支払いを続けることになり、利息が高くなりがちだからです。

この負担を和らげる手段として、住宅ローンの借り換えがありますが、これを利用するには、一般的にすすめられている基準があります。

その基準とは、ローン残高が1000万円以上で、金利の差が1%以上あること、完済までの残り期間が10年以上という内容です。


なぜこのような基準がすすめられているかといえば、借り換えでは保証料や手数料などの各種費用がかかるためです。

その分の費用負担を考慮すると、基準値に満たない場合は損をする危険性があるからです。

ですが、ここで勘違いされやすいのが、保証料の取り扱いです。

住宅ローンのサービスを利用する金融機関に、ローン返済の期間分の保証料を、最初に支払っておくことになります。

つまり、借り換えで以前のサービスを終了するときには、残りの期間の保証料を返金してもらえます。

返金されたお金を、新しいサービスの保証料に充てるようにすれば、諸費用を低く抑えることができます。

この分を考慮すれば、金利の差が1%未満であっても新しいサービスに乗り換えることで、お得にローンを支払うことができるようになります。

 

住宅ローンの借り換えでは各サービスをよく比較すること

住宅ローンの借り換えを検討する夫婦

住宅ローンを契約する時には、完済まで何十年も時間がかかるようになり、融資額も多くなりがちですので、金利が高く設定されている例がしばしば見られます。

そんなローン返済の負担を少なくするやり方として、別の金融機関のサービスへ借り換えるというのがあります。

今までのローン返済の実績があり、残高が少なくなっていれば、別の金融機関のサービスを今よりも低金利で利用できる可能性が高まります。

早速借り換えの申し込みをしたいところですが、安易に行ってしまうと前のサービスとほとんど変わらなかったりすることもあります。

無駄な費用が発生する恐れがありますので、必ず様々なサービスを比較してから選択するようにします。

住宅ローンの借り換え時に比較したいポイントとして、保証料の有無を確認します。

保証料は意外に侮れない金額に膨れ上がりますので、できるだけ保証料を必要としないサービスを選ぶのが賢い方法です。


民間機関と公的機関が提携して提供される、最長35年固定金利型の住宅ローンが存在します。

このローンに変更する場合には、団体信用生命保険の費用に気をつける必要があります。

民間の金融機関が提供するローンならば、団体信用生命保険の費用は金利の中に含まれています。

しかし、最長35年固定金利型のローンを選ぶと、団体信用生命保険の費用を別途請求されます。

この他にも、細かく発生する諸費用について、各サービス内容を事前にきちんと比較することをおすすめします。

 

住宅ローンの借り換え時に発生する諸費用に注意

借り換え費用を計算する夫婦

住宅ローンの借り換えを上手に活用すると、お得にローン返済ができるようになります。

しかし、借り換え時には様々な諸費用がかかるようになり、この分を予め考えておかないと、かえって損をする結果になりますので注意しましょう。

諸費用としてまずあげられるのが、借り換える住宅ローンを提供する金融機関への手数料があります。

手数料の支払いが必要になる理由は、以前契約していた金融機関へ一括返済を行う際の、手数料が発生するからです。

大手都市銀行の例をあげると、2万円を超える手数料が発生するようになります。

同時に新しくローンを利用する金融機関に対しても、事務手数料を支払います。

この場合も、数万円程度かかるようになります。
 

保証料は、保証人を必要としない契約という意味で支払うことが多いです。

支払う金額が数十万円になる傾向がありますので、契約前によく確認することをおすすめします。

ちなみに、最近では保証料を取らない金融機関も目立つようになっています。

そのようなところのサービスを利用すると、負担を一気に減らせるようになります。

登録免許税は、金融機関が住宅の抵当権を設定する際にかかる費用です。

住宅はあくまでもローン完済までは、融資した金融機関のものであることを覚えておいてください。

抵当権を設定したり、登記を行う際には、司法書士に手続きの依頼をします。

この司法書士への報酬としてお金を支払う必要があります。

5~10万円程度の報酬であることが多くなっています。

 

住宅ローンの借り換えの審査基準とは

住宅ローンを借り換えたい夫婦

マイホームを購入する際には、大半の人が出来るだけ良い家を安く購入したいと考えているものです。

そのため、マンションだろうと一戸建てだろうと、出来るだけ安くて良い家を見付けるために、熱心にマイホーム探しを続けます。

そしてそうやって安くて良い家を見付けて購入する際、一括で購入出来る人はかなり限られているものです。

大抵の人は、そこで長期の住宅ローンを組んで、購入する事になります。

ですがその住宅ローンの金利が高いと折角、安くて良い家を見付けて購入しても、お得感が薄れてしまうものです。

というのも住宅購入時のローンの多くが、二十年以上の返済という形で長期間に及びます。

そのため高い金利でローンを借りてしまうと支払い総額が膨れ上がってしまいます。

なのでより金利が低いローンが見付かった場合は、思い切って借り換えを行えば、支払い総額を減らす事が可能です。

もっとも住宅ローンの借り換えを実現するには、審査を受けてパスする必要があります。

そしてその審査基準は最初にローンを組む時と同じ様に、収入が多い少ないという事に加え、将来的にも安定して収入が得られるかどうかが、重視されるのです。

なので収入面の安定性が現在、保たれているかどうかが重要だと言えます。

更に住宅ローンの借り換えの際には、そんな収入面に加え、購入した物件の現在の価値というのも重視されます。

新築してから時間が経って大幅に価値が下がっていたり、自宅のある地域の地価が大きく下がっていたりすると、審査をパスするのが難しくなるのです。