住宅ローンの借り換え@あなたは得する借り換えor損する借り換えのどっち?

住宅ローンの借り換えは誰でもお得になる訳ではありません。残債や残り返済期間・金利差によって得する借り換えか損する借り換えかが違ってきます。

住宅ローンの借り換えを口コミで比較するなら

口コミサイトを比較する女性

住宅ローンの借り換えを比較するなら、口コミで評判の低金利の金融機関などを参考にするとよいでしょう。

また、住宅ローンの借り換えをするポイントは、目先の金利の低さだけではなく、保証料や手数料なども含め、いくらで借り換えができるのかなど、総合的なコストで比較をしなければなりません。

一見、低金利に感じても、保証料や手数料がとても高額だったり、保証料に上乗せしてあるなどという場合も多々あるからです。

また、金利の固定期間がどのくらいのスパンで設定されているかも、とても重要なポイントです。

現在のように景気が不安定で、金利が上がりにくい状況にある場合には、できるだけ固定期間が短いもの、3年や5年などを取り扱っている金融機関が望ましいと思います。

低金利だけに目を奪われていると、固定金利が、「10年ものや、20年ものしか選択できない」というような落とし穴を、ついつい見逃しがちになってしまいます。

次に重要なことは、住宅ローンの繰り上げ返済の際にかかってくる手数料などがいくらか?ということも、比較しながら検討をしましょう。

未来には、どのような経済状態に変わっているか予想することは、誰にもできません。

何か、返済する見込みができた時に、すぐに繰り上げ返済を行えるかどうかを確認しておくことは、とても重要です。

今のような経済では、いかに上手に借りるか、また住宅ローンなどの返済を行うかが、預貯金をするよりも、最も儲かる方法となっています。

できれば、繰り上げ返済の手数料が不要となっている金融機関を探してみましょう。

また、よくあるのが、金利を優遇する代わりに、所定の条件を設ける銀行がとても多くなっています。

ご自身に旨みのある条件であれば問題ありませんが、今後、また借換えをする予定がある場合には、しっかりと内容を検討しなければなりません。